2014年07月24日

中国の期限切れ鶏肉

中国から輸入した期限切れの鶏肉が問題になっております。

なかには緑色に変色しているものがあったそうで、カビに
汚染されているのは明白です。



外食産業や弁当などの事業所では、低価格競争が激しいこと
から中国からの食材輸入に頼っています。

しかし、製造現場を知る人によれば、検査を終えた後に不良
品と混ぜるのは日常茶飯事とか。

レストランへ行っても蝿やゴキブリは当たり前で、そもそも
中国人の安全意識とは、命にかかわらない、が基準だそうです。



何年も前から、インドネシアでは中国からの食料輸入を禁止
しています。

過剰な農薬や保存の悪さなど、安定的な品質が保証されない
からでしょう。

日本でも毒入りギョーザ事件以来、スーパーでは中国産のもの
が売れなくなりましたし、陳列されている品数も激減しました。



なのに、あるコンビニチェーンの社長が、中国国内で別の業者
を探す、と発言したことからネット上ではブーイングの嵐です。

別の国の間違いではないか。

しかし、ウナギは国産だと庶民が買える値段ではありません。
マツタケもそうですよね。

かといって、中国産かというと、我慢するのが一番でしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
posted by 子竜 螢 at 11:45| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食は安全よりもコスト理由では、余計お金が掛かるというのが今も昔もありますね。
最近、鶏肉ではブラジル産や国内でもマズイと言われたブロイラーが近年、質向上が見られています。
例え、ブランドでも胡座をかいて名を落とすこともあるみたいです。
そもそも、中国の汚染具合の酷さで不買により、こういった不正が増えるかと心配です。
食の安全は命を取る側だけでなく、、取られる側の為にも、もっと考えて欲しいものです。
Posted by G.FUJINMA at 2014年07月24日 18:02
外食産業の低価格競争が中国からの食材輸入を促進させています。

最終的には、国産品を使った企業が勝ち残ると思います。

G.FUJINMAさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年07月25日 13:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。