2014年08月07日

副センター長の死

理研の笹井副センター長の死が報じられました。

検証実験がスタートしている最中だけに、さまざまな
憶測を呼び、影響がでることでしょう。



人生とは二度とないものだけに、他人の死でもなかなか
受け入れがたいもの。

とはいえ、事件の渦中にある人物の突然の死には、なん
らかのメッセージが込められているのでしょう。

少なくとも、小保方氏にとっては、検証実験のマイナスに
働きこそすれ、プラスに働くことはありますまい。



論文実験の際にES細胞を混入させた犯人は誰なのか。

キーマンのひとりが亡くなりますと、また闇の中。
笹井氏が犯人ではないかとの憶測も飛び交う道理です。



人間は、何があっても自殺してはいけない。

先日の記事で、自殺には遺伝子が関係しているとお伝え
したばかりでしたが、責任の取り方としての自殺だなんて
武士階級時代じゃないのです。



本当の責任の取り方とは、検証実験にてSTAP細胞の存在
を明らかにすることだったはず。

笹井氏の死は、検証実験が失敗に終わっても仕方のない
口実を前もって用意したようなものです。

それとも、小保方氏はすべてを克服して、券使用実験を
成功させるのでしようか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:STAP細胞
posted by 子竜 螢 at 08:25| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも行き過ぎた報道も原因の一つでしょうね。ネットでも非常にパッシングが有りました。
正直、行き過ぎた報道に私自身もかなり不快でした。しかし、報道関係はまるで他人事のような報道に更に不快感を持ちました。
どちらにしろ、今後の再生医療に支障を来すのは間違い無いですね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年08月07日 21:21
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

責任の取り方という点で、考えさせられる事件でした。

検証実験には少なからず影響するだけに、タイミングも最悪でしたね。

もしも人類の未来に大きなブレーキとなりますと、一人の死で収まる事件ではないのかもしれません。
Posted by 子竜 螢 at 2014年08月08日 08:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。