2014年08月08日

手痛い値上げ

牛丼のすき家といえば、まずは安さが売りでした。

しかし、深夜のワンオペなど人手不足による店舗閉鎖が
相次いだためでしょうか、どうやら値上げに踏み切る
ようですね。



これまで牛丼の並が270円でしたが、値上げ後は291円
になるらしいです。

深夜を2人体制にするほか、人手確保のための人件費アップ
が必須ですから、仕方のないことかもしれません。

とはいえ、庶民にとっては痛手ですね。

これで牛丼チェーンの値段競争が終わりを告げるので
しょうか。



だとしたなら、またまたお父さんのお小遣いが実質目減り
しそうですね。

本当に大変な世の中になってきました。

どうしても好景気という実感がないのですが、あなたは
どう感じておられますか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:すき家
posted by 子竜 螢 at 08:39| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
値上がりは痛いですが、今まで安くして生産者側に負担を強いてきました。いつ生産者側が破綻するかもしれないというハラハラ感も有りました。むしろ、これ以上の安売りは、もっと生産性と保存性を上げなくては駄目ですね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年08月08日 20:30
経済の悪循環ですね。

価格競争をするから人件費を上げられずに消費が低迷して、さらに価格競争が激しくなる。

誰がどこで断ち切るか。

すき家は覚悟の上で断ち切ろうとしたのでしょう。

G.FUJINMAさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年08月09日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。