2014年08月15日

69年目の終戦記念日

今日で69年が経ちました。

当時、廃墟同然だった日本の都市部も今では戦争の
傷跡などどこにもなく、高層ビルが立ち並んで繁栄
の一途をたどっているかのように見えます。



あの戦争で日本は何を失って何を得たのでしょうか。

戦後生まれの子竜には理解できない部分も多々あり
ますが、少なくとも今の繁栄は、先輩諸氏の筆舌し
がたい努力によるものだったのでしょう。



蛇口を捻ると、飲める水が出てくる。
6歳になると学校に通える。
病気になれば、すぐに診療してもらえる。

などなど、日本は世界でもっとも優れたインフラを
整備しました。

これが当たり前だと思っている人は、他の先進国へ
行ってみればわかります。

舗装してある道路は都市部だけ。日本では山道でも
広い舗装した道路があるのです。



日本人に生まれてよかった。

毎年この日が来るたびに、そう感じております。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html




posted by 子竜 螢 at 10:26| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の終戦記念日は靖国神社の参拝へ行きたかったですが、仕事の都合上来週まで待ったがかかっています。幼少期に湾岸戦争が始まり、今日まで意外と戦争について触れる機会は多かったです。
しかし、日本に対して誇りは持てます。海外に行くとインフラや生活スタイルともかく、日本に対しての悪い評判は聴かず、日本に尊敬と敬愛を抱いている人達と触れて、誇らしく日本人に生まれて良かったと改めて思います。
Posted by G.FUJINMA at 2014年08月15日 21:47
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

本当に、日本人に生まれてよかったですよね。

靖国の英霊さんたちには感謝の念しかありませんね。
Posted by 子竜 螢 at 2014年08月16日 15:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。