2014年08月17日

中朝関係に陰りがみえる

張成沢氏の粛清が影響しているのでしょうか。

このところあまり親密ではなさそうな中朝関係に、あらた
なヒビが入る要因が発生したようです。



8月15日は、連合国にとっても朝鮮半島にとっても、記念
の日なのですが、今年はどうやらちょっと違いました。

金正恩氏の態度が明らかに違うのです。



金正恩氏が祝電を送ったのはロシアのプーチン大統領宛で
中国の習近平氏には送りませんでした。

これは、北朝鮮が中国の影響下から離脱して、ロシア寄り
の姿勢を鮮明にしたものと考えられます。

もともと、北朝鮮という国家を作ったのは旧ソビエト連邦
であって、中国の肩入れは朝鮮戦争の参戦からでした。



一方、北朝鮮は拉致問題の再調査を約束するなど、急速に
日本へ接近を試みています。

片や韓国は、経済危機などから中国への擦り寄りが顕著で
して、東アジア情勢はこれまでにない様相となってきました。

北朝鮮のミサイルのほとんどは、もしかしたら北京に照準を
合わせているのかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:中朝関係
posted by 子竜 螢 at 10:48| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国が北朝鮮に対し、石油輸出を止めましたからね。最近、中国自体も危うい感じがきています。
北朝鮮が真面目に取り組めば、日本からの経済制裁も一応止まりますからね。どちらにしろ、北朝鮮の転機、果たしてどうなるのでしょうか?
Posted by G.FUJINMA at 2014年08月17日 23:44
G.FUJINMAさん、ありがとうござます。

どうやら、北朝鮮の指導者は権力の維持のためにアメリカとの対立構図を煽っているだけの気がします。

もちろん、中国のみに頼っていては遅れますからね。

本気になれば、韓国よりも発展するでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2014年08月18日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。