2014年08月24日

24時間テレビの意義

「愛は地球を救う! 24時間テレビ」は、毎年一度の
放送ですが、結構な長寿番組となっております。

しかし、ボランティア番組としての意義を疑問視する
声も多く聞かれ、人気に翳りが見え始めたようです。



まず、疑問視する声の中では、出演タレントがまった
くのノーギャラではないことを挙げております。

個人にではなく、所属事務所へ支払われている額は
毎年数千万円ともいわれ、萩本欣一氏が暴露したよ
うに、マラソンのランナーには二千万円が支払われ
ているという。

これらはすべて、番組の趣旨に賛同した方々からの
募金なのですから、ちょっと問題アリかもしれませんね。



しかし、街頭で募金活動をしている一般の人たちは
本当のボランティアです。

番組そのものがけしからんと言うつもりはありません。



でもね、いつもテレビ画面に露出している高額所得の
タレントたちがギャラをもらって、一方では一般人た
ちがノーギャラで募金活動を行なっているようでは、
なにかおかしい気がしませんか。

二千万円くれるなら、誰でもマラソンに参加しますよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 10:57| Comment(4) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いなあと思っていましたが、ネット拡散によりマスコミ以上の黒い噂が流れていたので確信した時点で失望は大きいですね。
おまけとして散々過去に好き放題してばら蒔き、スポンサー集め腐心の報道しない自由のツケが溢れてどんどんテレビ離れに著名人叩きも出ているようです。
本当に観たいと思える番組は今どれだけあるのですかね?
Posted by G.FUJINMA at 2014年08月24日 20:05
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

6月はまったく自宅でテレビを見ませんでしたが、電気代が2000円以上も安かったです。

これを知ったなら、ますますテレビ離れになるのでしょうか。
Posted by 子竜 螢 at 2014年08月25日 11:00
意義は無いでしょうね。
寄付を求めてmテレビで円円を良い話やドラマを流していると言うのは、異常なの艦後思います。
それの理由が一社でのみ行っていると言うことなのかと思いますしね、例えば、国民寄付の日などと称して、日本全体に促せるのであればきっと違った評価があったのpかもしれませんが、実際には一社でしかも芸人は無償で参加ではないと言うのであれば、これはビジネスとしか思われませんしね、即座に止めるべきではありませんが、週苦笑を行ってもいいのかなと思いますね


Posted by König at 2014年08月26日 04:16
Königさん、いつもありがとうございます。

最初のころは、車でワープしていたり、残りの距離を誤魔化していたりで、もともとヤラセの疑いが強かった企画でした。

そもそも、マラソンのトレーナーを雇うくらいなら、その分を寄付してはどうなのだろうかと
思っていたほどです。

まあ、見たい人がみればいい。

それでいいのかな。
Posted by 子竜 螢 at 2014年08月26日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。