2014年08月25日

日本スポーツのウーマンパワー

バレーボール日本代表が、決勝で敗れて惜しくも二位。

金を逃がしたとはいえ、これまでの低迷から脱却した
のはうれしく感じます。



また、ソフトボールでは、アメリカに勝って優勝という
結果でした。

オリンピックから外されて後、選手たちの意気込みが
変ったのでしょうか。



比べて男子はといいますと、WBCでの早期敗退とW杯で
の予選リーグ止まりなど、不振が続いているように思え
ます。

日本の女性って、凄いですね。男性よりも根性かあり、
粘り強いのかもしれません。



そういえば、女性だけの会社は意外と業績がいいらしく
営業の面でも、車や不動産などの高額商品を除いては
女性の営業がメインになりつつあります。

生命保険会社でも、かつては男性の営業マンも雇用して
いましたが、今では女性のみ。

これが少子化に繋がっているのかどうかわかりませんが
女性の地位が本当に見直されるべきときが来たのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 10:55| Comment(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思った以上に女性はパワーが有りますね。学生時代パワフルな女子が多かったのが記憶に残ります。バレーボールにしろ、サッカーや野球にも期待が有ります。
Posted by G.FUJINMA at 2014年08月26日 02:09
こればっかりは、良くも悪くもですかね。
女性というのは、どうしても感情部分を優先しがちですし、結果として目先の利益を考える傾向になってる所も多いですしね。
女性特有の繊細さに超長期的な展望を持てる人材がいる組織は強いと思います。
よく私が説明する中に、100年の中で2世代を捨て駒に出来るのが男性的な考え方といってます。後事を託すといった考え方がわかりやす化も知れませんがね。
これは、子供を産み育てると言うのと、子孫を残すと言う考え方の時間的な考え方の違いかなと思いますね。
文明などでも荘ですが、視点が近くなればなるほど、その文明は衰退していたtのかなと思いますね。
Posted by at 2014年08月26日 04:07
G.FUJINMAさん、そして名なしさん、コメントありがとうございます。

草食系男子に肉食系女子。

その傾向がいろんな場面に現われているのでしょうか。
Posted by 子竜 螢 at 2014年08月26日 09:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。