2014年09月06日

中国の空母で訓練事故

中国の遼寧という空母で、訓練事故がありました。

殲15戦闘機2機が離発艦訓練の際に失敗したもので
パイロット2名が死亡しました。



遼寧はロシアのミンスクを買い取って改名しました
が、老齢艦であり充分な速度が出せません。

搭載機の離発艦時には風向きを考えて全速航行する
のが基本なのですが、現代の戦闘機に向いている母
艦とは言いがたくなっています。



以前にもお伝えしましたように、実戦で空母を運用
したのはアメリカとイギリスと日本のみ。

もちろん空母だけではなく、護衛艦も含めた艦隊運動
の訓練も欠かせませんから、そういう意味でも鈍足と
化した遼寧は時代遅れです。



一部では新造空母の噂もありますが、大型艦の設計と
建造はそう簡単ではありません。

1万トンクラスの巡洋艦を建造した経験がないまま、
一気に何万トンもの大型艦は造れないのです。



そして、香港紙によれば、超音速滑空ミサイルの実験
にも失敗したとのことで、成功しているアメリカとの
戦力差は開くばかりです。

もうそろそろ、軍拡競争を諦めたほうがいいと思いま
すが、それでもやめないのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:遼寧
posted by 子竜 螢 at 23:31| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱりというべきか、予想通り過ぎですね。高価な機体と貴重なパイロットの損失ばかりでは所詮駄目レッテルを貼られても仕方ないことだと思います。
この空母も下手を打てば即沈没ものですからね。致命的な鈍足、第二次大戦の米改造護衛空母ですらついていたカタパルト無し、材質駄目、バランス悪い、機体も箱もの、装備不足の結局金の無駄遣い、無駄物、笑い物にされて何がしたいのでしょうかね?
Posted by G.FUJINMA at 2014年09月07日 10:38
結局のところ、中国海軍は空母というものを理解していないのでしょう。

わかつているなら、老齢のミンスクなんて買いませんよね。

G.FUJINMAさん、コメントありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年09月07日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。