2014年09月07日

第三回ブラック企業大賞

ブラック企業といえば、従業員へ長時間労働させた挙句に
残業代を支払わないとか、雇用条件が違っていたりする
悪質な企業のことをいいます。

労働組合やNPO法人、そして弁護士らによる第三回ブラック
企業大賞実行委員会なるものが千代田区で選考会を行いました。



大賞に選ばれたのは、従業員の過労による自殺訴訟を抱えてい
る大手家電量販店です。

このほかにも、あのビューティークリニックや牛丼チェーン
など、労働環境が問題視されている企業が特別賞に選ばれま
した。



この大賞には、ノミネートされた段階で企業側へも出席のご
招待をしてあったそうですが、実際には誰も来なかったとか。

当たり前ですよね。

こんな賞はいりません。ノミネートされた段階で恥ずべきで
しょう。

受賞をきっかけにして、良い方向へ向いてほしいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ブラック企業
posted by 子竜 螢 at 11:06| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカのラズベリー賞ではあるまいに、凄まじい皮肉ですね(笑)
待遇環境を改めなければ、今度は顧客の方が離れますね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年09月07日 22:54
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

日本の労働争議は、労働基準監督署という役所はあっても、結局のところ裁判頼みです。

こういう賞がブラックをなくす下支えとなるなら、大いに意味があるのでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2014年09月08日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。