2014年09月10日

立待月

一昨日から月がきれいですね。

今年の中秋の名月は早く訪れたこともあって、寒い
思いをせずに観賞できました。

天候もよくて、味わい深い夜が続いています。



ところで、中秋の名月三日目の今夜には、立待月という
名称が付いています。ご存知でしょうか。

旧暦の8月15日が中秋の名月で、十五夜とか望月などと
も呼ばれます。

次の晩は十六夜で、いざよい、と呼びますね。昨夜です。
立待月は、たちまちのつき、と呼びまして、名称は明後日
まで定められているのです。

すなわち、明日の晩は居待月。明後日の晩は寝待月です。
いまちのつき、ねまちのつき、と読みます。



これらの名称は、月の出が次第に遅くなってゆくことを
表現しておりまして、立って待っている、居(座って)て
待つ、寝て待つという意味です。

日本独自の美しい表現ですよね。

うさぎも喜んでいることでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 09:26| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9月が月の一番の見所ですね。雲が多かったですが、満月がいい感じに見えました。
旧日本海軍もある意味風流ですね。駆逐艦に風景、風流に使っていますし、子竜先生の不沈戦艦紀伊でも改秋月型もそうでしたね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年09月10日 22:17
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

旧海軍が途中から駆逐艦の命名を樹木に変えてしまったのが残念です。

まだまだ天候風月はいくらでもあったのに、と言語学者も言っていますね。
Posted by 子竜 螢 at 2014年09月11日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。