2014年09月14日

スコットランドの独立

今月18日に、世界が注目する住民投票が行なわれます。

大英連邦からの独立の是非を問うスコットランドでの
住民投票です。

現在のところの世論調査では、独立派が51パーセント
とやや優勢で、現状維持派とは僅差になっています。



しかし、万一独立派が勝利したなら、世界経済に与え
る影響は少なくありません。

まず、ポンドが下落します。英国株も同様ですね。

そうしますと、当然ユーロやドルにも影響が出て、日本
の円や株も無事では済まされないでしょう。



また、分離独立を願っているスペインのカタロニア地方
やイタリアの都市部など、世界中にこうした動きが広が
る可能性だってゼロではありません。

とくに、違う民族が同居している国では、対岸の火事で
は済まないかもしれません。中国やロシアも安泰ではな
くなる恐れがあります。



スコットランドの独立は、北海油田を有していることで
の経済基盤がある一方で、イギリスの債務をどの程度
引き継ぐかによって国際的な影響は違ったものになるで
しょう。

ともあれ、独立運動を武力で弾圧するのではなく、住民の
意思を尊重するという点だけは、評価に値します。

北アイルランドのときの流血例を、反省したのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 08:37| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イギリスは結構国内確執が有りましたからね。カタロニアは90年代にやたら騒がれましたが、今は全く聞かないですね。
独立の条件を国際的に上手くつけることはできないのでしょうか?
Posted by G.FUJINMA at 2014年09月14日 21:11
独立のルール作りを国連で協議しても無駄でしょう。

自分の国の一部が独立してもいいと考える国はないからです。

難しい問題ですね。

G.FUJINMAさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年09月15日 13:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。