2014年10月13日

原油先物価格の行方

このところ、原油の先物価格が下落を続けております。

現物市場に反映されるのはもう少し咲きなのですが、
ガソリンの高騰が続いたあとですので、期待感が膨ら
みますね。



原油先物価格の下落を招いた最大の要因は、OPECの会議
で産油国の足並みが揃わなかったことです。

減産を主張するベネズェラに対して、サウジアラビアは
現在の産油量を維持すると発表しました。

そのため、原油の安定供給が続くものとして、価格が下落
へと転じ、その後も続いているのです。



サウジアラビアが減産に応じなかった理由については、アメ
リカのシェルガスやオイルとの競争を意識したからだと伝え
られています。

もはや産油国の一人舞台ではないという意識を強くしたので
しょう。



日本でのガソリンや灯油の価格はまだまだ高値に推移ており
ますが、年末くらいから安くなりそうですね。

これから冬に向けての灯油の値下げは、ありがたいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:原油価格
posted by 子竜 螢 at 12:04| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、天然ガスもカタールやトルクメニスタンでの開発により産出も増え、火力発電も石油消費を抑えそうですね。原発も再稼働が始まれば電力問題もなんとかはなりそうです。
あとはメタンハイドレードが軌道に乗るかにもよりますね。これで車離れが変わるきっかけになれば良いですね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年10月13日 20:31
人々の経済面か自然環境なのか。

原油の価格は人類の方向性を示唆しているように思えます。

G.FUJINMAさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年10月14日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。