2014年10月20日

市民オンブズマン群馬

やはり、市民団体が動きました。

辞任の意向を安部総理に伝えた小渕優子元経済産業大臣の
政治資金問題で、市民オンブズマン群馬が東京地裁に本日
告発するという。

小川賢という人物が代表者だそうですが、市民オンブズマン
はどこの自治体にも存在する政治監視団体で、とくに自民党
を目の敵にしているというわけではなさそうです。



とはいえ、訴えの内容が政治資金規制法ばかりか公職選挙法
にも及び、大臣の辞任どころか議員の資格も危うく、刑事罰
が適用されるかもしれません。

党内の近い関係者も、あまりのデタラメさにはカバーできない
と漏らしており、安倍総理の任命責任も問われそうです。



後任の大臣には高市さなえ氏が臨時に就任する予定ですが、こ
の人は大丈夫なのだろうかと疑心暗鬼にさせられます。

NHKの日曜討論にはよく顔を出していますが、突っ込みどころ
満載の答弁が多く、いかにも党の政策と自身の考えの不一致
が目立ちます。



ともあれ、景気の落ち込み感が著しい今、所轄の分野こそが
本丸です。

本当の後任に誰が就任しようとも、しっかりやっていただきたい。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 11:35| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自民党だけでなく、維新や民主党にもしっかり見てもらいたいものですよね。
総理に影響あるかと思いきや、とっくに代理として出すつもりだったかも知れませんし、もしかしたら、能力を問うのかも知れません。上手く行くか、行かないかで女性議員達の今後を左右するかも知れませんので必死にはなるでしょう。
マスコミのネガティブキャンペーンは最近信じがたいものも有りますからね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年10月21日 17:56
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

女性の大臣5人のうち、2人がリタイヤですから
困ったものです。

やはり、性別じゃなくて、政治への情熱と能力でしょう。モラルも大切ですよね。

女性の起用にこだわっても仕方のないことでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2014年10月21日 18:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。