2014年10月22日

ガンでサムスンがピンチ

心臓にガンができない理由という記事を掲載しているブログ
を読んでいましたら、なるほど、と理解できました。

あらゆる臓器の中で、なぜ心臓だけガンにならないのか、不
思議ですよね。



理由は簡単でした。

心臓は全身に温かい血液を送るため、常に40度の高体温になっ
ているという。

そのために白血球の働きが活発で、ガン細胞ができてもすぐに
死滅してしまうとか。

感染症などの病気になると発熱するのは、高体温のときに白血球
が増殖して、活発に働く免疫機能が備わっているからです。

だから、書記に解熱剤を使いますと、なかなか治りません。



しかし、大阪の印刷会社の従業員に胆管ガンが多く発祥したのは
化学洗浄剤によるもので感染症ではなかったから、免疫機能が
働かなかったのです。

ところが今、韓国のサムスンでは半導体工場で働く従業員たちの
間で白血病になる人が増えているのです。

先日も裁判所の二審で二人の労災認定の判決を下したばかりでして
化学洗浄剤と白血病との因果関係を認めました。

スマホが伸び悩み半導体事業へと舵を切った矢先だけに、サムスン
と韓国政府は頭が痛いことでしょう。なにしろ、韓国のGDPの多くを
占めている企業ですからね。



そういえば、年齢とともに熱い風呂が好きになるのは、免疫機能の
衰えを風呂でカバーしようとする本能なのかもしれません。

35度代という低体温のひとは要注意でしょう。たまにはサウナなど
で体温を上げてやりますと、一時的にですが免疫が高まると思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:サムスン
posted by 子竜 螢 at 13:08| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が聞いた話では、心臓はもっとも細胞の活発が少ない場所で、ガンは細胞の変質と言うことなので、変質しにくいと聞いてました。
確かに、体の中でもっとも活発な活動を行い体温も高く維持されていますので、そういう考え方も正しいのかと思います。

今の時代、約半数がガンになり治療後死亡していくのが主流らしくもう半数は身体に異常をもち介護を受けて死亡するというのが流れですが、こういう工業的なガンは例外と言うべきかもしれませんね。
Posted by König at 2014年10月23日 04:18
白血病で亡くなったサムスンの従業員は、みんな20代か30代という若い人たちです。

当然、これだけ問題になりますと退職する人も
出てくるでしょうし、新規の従業員確保だって
難しかろうと思います。

スマホ事業の赤字穴埋めを半導体事業で乗り切ると宣言した矢先だっただけに、サムスンはどうするのでしょうかね。
Posted by 子竜 螢 at 2014年10月23日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。