2014年10月23日

マイホームの買い時

夢のマイホームって、かつてはあこがれでした。

いや、今でもそう思っている人は少なくなくて、このところ
の不動産価格の値上がりに焦っているかもしれませんね。



しかし、です。

全国で空き家が820万戸と、戦後最大になっていまして、毎
年増えているのです。

なぜ増えているのかといえば、独居老人の死亡とか介護施設
への入居など、少子高齢化がもろに現われているのが不動産
分野なのです。

当然、中古住宅の価格は長い目で見ますと下落しますから、
慌てて今買う必要はありません。

住宅ローンの金利も、急激な上げになる要素はありませんし
ここは落ち着いて選んだほうがいいでしょう。



空き家の820万戸のうち、マンションなどの集合住宅タイプ
は312万戸だといいます。

入居者が半数未満の集合住宅も増えていまして、とくに賃貸
の場合には、新しいマンションへ移ったりしますから、中古
の物件は家賃交渉ができそうです。



というわけで、あと5年10年という単位で待ちますと、今の
一時的な値上がりどころか半額にまで下落しかねない要素で
いっぱいの不動産価格です。

生涯でもっとも高額な買い物となるだけに、購入時期を見誤
りますと大きな損をしかねませんね。

価格が上がっているといいましても都市部の商業地だけのこ
とですので、惑わされないようにしましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:不動産価格
posted by 子竜 螢 at 12:19| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。