2014年11月23日

アベノミクスは失敗だったのか

来月の衆議院選挙は、アベノミクスの成否が問われそうです。

安倍総理もそう述べているのですから、間違いありません。

ですが、何をもって成功なのか失敗なのか、よくわからない
ですよね。



ひとつだけ確実に言えることは、円安と株高になった点でしょ
うか。株式を多く保有している富裕層にはよい結果でした。

しかし、株式を保有できない層にとっては、円安のせいで物価
が上がっただけの厳しいものでした。

その上に、消費増税でしたから、GDPが連続でマイナスになる
のはむしろ当然でしょうね。



かといって、自公勢力に代わる政党がないのも庶民にとっては
歯がゆい感じがするでしょう。

かつての民主党政権のように、寄せ集めの見せ掛けだけの政党
であっては、長期政権など望めません。

二大政党政治がいいかどうかは別として、野党が躍進しません
と、ますます格差は広がるでしょう。

とにかく、自公勢力が圧倒的に強い中での降って湧いたような
衆議院選挙ですので、一票は後悔しないよう投票したいもので
すね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:29| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
足を引っ張られ過ぎも原因でしょうね。自民党内の派閥に党内の腐敗や官僚の利権幅きかせに問題行為、更にマスメディアの馬鹿げた偏向報道、都知事や日韓議員連盟の身勝手極まりない行動等、今までの負債そのものが明確に、国民も気づいています。
更に解散前に財務省の幹部が増税ごり押し発覚し、国民もいつまでも昔通り政治に無関心では済まされないということを感じます。
Posted by G.FUJINMA at 2014年11月25日 14:59
アベノミクスは前半は成功し、後半は失速してしまったというのが正直な感想ですね。

日銀の金融緩和も思ったほどの成果にはなっていないようですし、やはり消費増税が最大の失政だったようです。

G.FUJINMAさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年11月26日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。