2014年11月26日

賛否両論の100万円

ある高校で、難関の大学入試に合格したなら100万円の
報奨金がもらえると報道されましたね。

それを受けて、ネット上では賛否両論が噴出しています。



東大合格には、さすがに「ドラゴン桜」でも報奨金を出す
とまではやりませんでしたが、祝い金とか奨学金といった
性質ならば理解できないでもないのですが。。。

ただ、向学心を煽るのに多額の現金はどうかと思いました。
18歳に100万円ってどうなのでしょうね。

そんな金額を払うつもりなら、月々の授業料を安くしてほ
しいとの声が聞こえてきそうです。



まあ、部外者があれこれ言うべき話題ではないのかもしれ
ませんが、お金にならないことはやらない人間だけは育成
してほしくありませんからね。

そういう生徒が出てこないよう、ちゃんと指導する態勢も
重要ですよね。



しかし、そうまでして難関校への進学率を高めたい背景には
やはり少子化の影響があるのでしょう。

生徒数の確保は、今や私立校の急務となりつつあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:合格祝い金
posted by 子竜 螢 at 16:09| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直、馬鹿としか言い様が無いです。
高校にとってだけでなく、難関高進学やらは教師の給与が関わるのも嫌な理由と思いました。
学歴社会に近年は辟易気味な上に有名とこも陰ながら下降イメージです。
行く立場である学生にもよくは無いでしょう。
Posted by G.FUJINMA at 2014年11月26日 23:44
中卒だって堂々と生きてゆける、そんな社会が望ましいですよね。

教育の義務は中学校までなのですから、企業の
採用に大卒のみとか高卒以上という制限を設けること自体がおかしいと思うのです。

家庭の事情でどうしても中学までしか学べなかった人でも立派な方は大勢おられます。

そういう人のための奨学金ならいざしらず、生徒を広告塔にするのは問題ですね。

G.FUJINMAさん、ありがとうございます。
Posted by 子竜 螢 at 2014年11月27日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。