2014年11月29日

アギーレジャパンがピンチに

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ氏が、バレンシア
裁判所へ告訴されました。

スペインリーグの監督時代に八百長に加担した疑惑がある
というものです。



日本代表は、1月から始まるアジア杯の予選で今がもっとも
大切な時期です。

欧州組のコンディション視察やJリーグの若手発掘など、監
督としての仕事が山ほどある時期なのです。

しかし、八百長疑惑はかかわっていた選手たちの自白などに
よってほぼ有罪が濃厚ですし、仮に懲役を免れたとしても、
対外試合に参加できない長期の謹慎処分をFIFAから受けるの
は間違いないでしょう。

つまり、次回のワールドカップ予選も含めて、このままでは
監督不在のまま臨まねばならないということです。



ところが、日本のサッカー協会では、監督の代替人事に触れる
コメントは発表しておりません。

というか、アギーレ監督の八百長疑惑に関して口をつぐんでい
るような状態なのです。

もっとも、ザッケローニ氏の退任後、日本代表の監督を引き受
けてくれそうな人物がほとんどいなかったこともあるのですが
ならば、せめて日本人監督を準備しておく必要はあるでしょう。



ともあれ、大変なことになりました。

ひょっとすると、次のワールドカップには出場できないかもし
れません。ベッカムさん、監督を引き受けていただけませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 12:09| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時期が時期なだけに最悪ですね。何より有能な監督はもう他チームなのですし、士気にも関わります。
しかし、ここで逆境魂を見せて欲しいもの。この試練をどう乗り越えるかで今後の衰退にも関わってきそうです。
Posted by G.FUJINMA at 2014年11月29日 22:09
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

こうなったら、日本人の監督を探すしかなさそうですね。

中田英寿、うーんって感じですが、ディフェンスを強化するなら井原正巳あたりでしょうか。
Posted by 子竜 螢 at 2014年11月30日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。