2014年12月03日

初雪

富山でも初雪が降りました。一気に冬へと突入です。

例年に比べますと遅いのですが、寒さに慣れるまでは
大変ですよね。



早くも12月になり、3日目となりました。今年の師走
は選挙も控えておりまして、なにかと気ぜわしい感じ
がします。

普段の仕事や家事に加えて、年賀状を書いたりお歳暮
を贈ったり、やること一杯ですよね。



先月のうちに大掃除はなんとか済ませておきました。
暖かい日じゃないと窓を開ける気にもなれませんから
タイミングが難しいですね。

そういえば、周辺の家では雪国恒例の雪囲いなどの作業
が急ピッチで進められておりまして、松の枝一本一本が
幹から吊られる雪吊りにて景観が一変しています。



まあ、湯上りに鍋でも囲んで熱燗を一杯、なんて冬なら
ではの風情もあります。

初雪や、隣は何を食う人ぞ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:初雪
posted by 子竜 螢 at 13:57| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日差しのせいか、寒暖の差がやや上下していた感じですが、ようやく冬突入といった本日でした。雪は楽しくも迷惑だったりと色々ですが、降らなければ冬という感じはしませんね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年12月03日 18:02
雪国じゃないひとにとっては、雪は珍しいだけかもしれませんね。

こうして雪が降ってみますと、温暖化なんて嘘だろうと思えてきます。
Posted by 子竜 螢 at 2014年12月04日 03:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。