2014年12月09日

マレーの虎の今

ずっと何年も前のことですが、マレーの虎というテレビ番組
がありました。ベンチャー起業を目指す若者たちに、有志の
社長たちが資金提供の審査をするというものです。

その社長たちが今どうなっているのか、とフライデー誌が特
集しておりましたが、1社も生き残っていないのですね。



君のアイディアには戦略性がないとか単なる思い付きの範囲
などと、若者たちを酷評していた姿を今でも覚えているので
すが、みんな自社を倒産させてしまいました。

いいえ、だからといって、責めようなどとは思いません。企
業運営と金儲けの難しさをあらためて感じた次第です。



統計によりますと、過去30年でじつに97パーセントの法人が
倒産しております。30年続く企業は3パーセントしかないと
いうのです。

これには上場企業から短命に終わるベンチャーまですべての
法人を含んだ統計ですので極端な数字になっているのですが、
さまざまな荒波にもまれて30年間生き残るのは大変なことな
のでしょう。

法人じゃない商店や飲食店でも、30年続いているのはわずか
でしかありませんからね。



そう考えますと、現在のIT関連ベンチャーさんたちも、安閑
としてはいられないでしょう。

急速に発展したネットの波に乗ったはいいものの、これから
30年の間には新技術や規制など、さまざまな試練が待ちうけ
ていることと思います。

もちろん、従事しているサラリーマンにも大きな影響がある
ことですので、2015年は自分の軸をしっかりと固定させる年
にしなくてはいけないのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:マレーの虎
posted by 子竜 螢 at 14:41| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例え、倒産しても彼らに後悔がなければ幸いですね。とはいえ、軽々しく起業を勧めるのは控えて欲しいですね。自分が成功したからと言っても他が成功するとは限らないです。
少なくとも夢と希望を持って後悔なく、自分が何をしたいかを持って起業して成功して頂きたいです。
Posted by G.FUJINMA at 2014年12月09日 23:29
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

起業も小説家を目指すのも同じですが、要は覚悟の程度ではないかと思います。

たとえ悲惨な結果に終わろうとも、後悔しないぞという覚悟ですね。

それが出来ない人は、やめたほうがいいと思います。
Posted by 子竜 螢 at 2014年12月10日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。