2014年12月17日

北方領土を買い取ろう

ロシアの通貨ルーブルが暴落しています。

ウクライナ問題から発生した欧米による経済制裁に加えて
輸出品の原油や天然ガスの価格が暴落しているからです。



ロシアの国債金利が17パーセントになりました。

これは、債務不履行を意味するデフォルトの危険水域を
超えている数字です。

つまり、ロシア国債を保有している国や企業は、期限が
到来しても現金化できないかもしれないのですから、世界
全体の経済が混乱するものと予想されます。



しかし、こういうときこそチャンスでしょう。

日本が保有するロシア国債をチャラにするから北方領土を
返せと迫ればいい。

自国の領土なのに買い取るというのはおかしな話ではあり
ますが、そうでもしない限り解決しそうにないのが北方領土
問題なのですから、武力解決よりは余程ましというものです。



そして、日本が保有するロシア国債の権利放棄によって世界
の経済混乱が防げるのであれば、いずれ大きな利益となるで
しょう。

かつて、アラスカをアメリカが買い取った例もあることですし
安部総理が歴史に名を残すチャンスかもしれませんよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ルーブル危機
posted by 子竜 螢 at 14:24| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アラスカと比べれ北方四島でロシア国債が無くなればそれで良いでしょうし、経済破綻を防ぐだけでなく、シベリアの開発へ互いに結べるでしょう。
プーチン氏は目先の利益を見るタイプではないので油断は出来ませんし、アメリカが余計な事をしない事を祈りたいです。
Posted by G.FUJINMA at 2014年12月17日 21:01
アメリカというより、世界中が余計なことをする恐れはありますね。世界恐慌への引き金にならないかと警戒していますから。

その前に日本がいち早く手を打ちたいのです。

経済制裁の取り決めを破ったと非難されようとも、いずれ恐慌を防いだと感謝されるでしょう
ね。

G.FUJINMAさん、ありがとうございました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年12月18日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。