2014年12月19日

やっぱりできなかった

理研が本日最終的な発表がなされたSTAP細胞に関する
検証実験結果ですが、11月末までの期限中にできなかった
とのこと。

やっぱり嘘だったのね、というところですかね。



神戸の実験室で、監視カメラも設置された中での検証実験
だったわけですが、以前の記者会見で200回以上も成功し
ていると言っていたのですから、捏造だったのでしょう。

別の場所で検証実験をやっていたチームも成功しておらず
来年3月まで継続する予定だった検証実験は本日で打ち切ら
れることになりました。



それにしても、肝心の小保方氏が登場しない理研の記者
会見には、ガッカリさせられましたね。

一流の科学雑誌に論文が掲載されたいきさつやトリックを
本人の口から説明してほしかった。そうじゃないと、この
事件は解決したことになりません。

そして、捏造した目的は何だったのか。

謎は残されたままなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:STAP細胞
posted by 子竜 螢 at 11:08| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。