2014年12月22日

柚子湯とカボチャ

今日は夜がもっとも長い冬至ですね。しかも新月と重なり
ますので、19年に1度の朔旦冬至と呼ばれています。

次に新月と重なるのは38年後らしいので、とても珍しい
冬至なのです。



冬至といえば柚子湯ですが、寒いこの季節にはお風呂が
一番のご馳走ですね。

柚子湯に浸かりますと、なんともいえない贅沢な気分と
心身が癒される感じがたまりません。

そして、食事の定番としてのカボチャです。煮物でも天
ぷらでもいいですから、卒中の予防になるとか。



年末の忙しい時期ではありますが、日本古来の風習に従う
のもいいでしょう。

寒さなんか吹き飛ばしましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:冬至
posted by 子竜 螢 at 22:35| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒い日がしばらく続くのでお風呂が特に有難い時期になりましたね。しかし、炬燵同様に出たくないというものもありますので、注意はしたいです。
私はカボチャを食べるなら天麩羅です。風邪予防にもしたいですね。
Posted by G.FUJINMA at 2014年12月23日 07:06
G.FUJINMAさん、ありがとうございます。

寒さの本番はこれからですね。せめて元旦の天気がいいと助かります。

北陸はあいかわらず雪ですが、やっと慣れてきました。
Posted by 子竜 螢 at 2014年12月23日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。