2015年01月20日

中国のGDP

中国の経済成長率を表す昨年のGDPが発表されました。
年比で7・4パーセントだという。

が、もちろん鵜呑みにはできません。広大な地域から
上がってくるデータの集計が、わずか20日間でできる
とは考えられないからです。



もっとも、各地からのデータをまともに集計しますと
3倍くらいの数値になるといいますから、もともといい
加減なのですね。

日本を抜いての世界第二位は確かでしょうけれど、それ
でも怪しさ満点の発表には戸惑いを覚えます。



一人当たりのGDPは日本の10分の1以下なのに、人口が
多いから日本を上回っているだけ。

しかも、GDPとは国内総生産であって外資企業の分も含ま
れますので、中国の数値を押し上げているのは進出してい
る日本企業のおかげでもあります。



しかし、7パーセント以上というのは、かつての日本の高度
成長期に匹敵するもので、本当にそうであれば中国経済に
何の不安もないことになります。

ところが、実態はといいますと、シャドウバンクにみられ
る高金利にあえいでいるのが実情でして、不動産バブルが
弾けるのも時間の問題とされております。

また、少子高齢化は日本よりも先に具現化しておりまして
経済の減速は急ピッチになりつつあります。



中国政府の発表が正しいのか、世界の経済学者の分析が正し
いのか、申し上げるまでもないでしょう。

とはいえ、無視できない規模の経済力ではありますからね。
見せ掛けに騙されて安易に進出する企業がないことを祈り
ます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:経済成長率
posted by 子竜 螢 at 14:26| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国のGDPは信用はできませんし、今はGDPで図ること自体が信用がなくなっている感じなんですかね。
もちろん、中国が巨大なのは分かりますが、問題がその巨体を維持する足が細くなりきっているというよりも爆弾をくっつけたままの状態です。日本企業は撤退をはじめ企業はありますが、まだまだ進出しているところもあります。
彼らは中国のダメージを減らせればいいのでしょうが、支え柱としてはあまりに頼れませんね。


後質、関係ない問なんですが、アードビトラージプロの登録が今受付できない状況なんですが、待っていたほうがよろしいのでしょうか?
Posted by G.FUJINUMA at 2015年01月20日 21:21
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

アービトラージプロは子竜も持っておりませんが、北川さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

たしか、最初の購入時じゃないとプロは手に入らないようになっていたかと思いますが、相手も商売ですからね。どうしてもほしい人には売ってくれそうな気がしますよ。

懇願するようなメールを送れば、大丈夫じゃないですかね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年01月21日 15:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。