2015年01月22日

世界の富の半分は1パーセントが占有

世界的な貧富の格差問題を扱っているNGOによりますと
世界の富の半分を1パーセントの人が握っているという。

上位20人では94パーセントを超えているようで、この
傾向がますます強くなりそうなことから、まもなく始ま
るダボス会議でも重要なテーマとなっております。



経済学者マルクスは、自由経済にかねと貧富の格差は無限
に広まると警告していました。

しかし、累進課税などの導入で、以前はある程度のところ
で拡大は止まっていたのです。

ところが、富裕層中心の経済政策を各国が競って導入し
たために、累進性が緩くなっていたのです。理由は、富の
分配を正しく行なってくれるものと信じていたからです。

でも、従業員の給料は抑えられたままで、株式配当は増額
されてきた結果、危険な水準にまで格差は拡大してしまい
ました。



何が危険なのかといいますと、昔なら暴動が起きたり革命
が起きる数値をはるかに超えているのです。

アメリカのウォール街でのデモは、まだまだ大人しい反応
だったにもかかわらず、ちょっとしたきっかけで暴動にま
で発展する危険性を孕んでおりました。

日本のアベノミクスは、間違いなく富裕層のための政策で
あって、貧困層は逆に負担ばかりが増えています。

早く野党の再編成をしませんと、失われた20年どころじゃ
なくなってしまうでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:貧富の格差
posted by 子竜 螢 at 06:16| Comment(2) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野党は野党で一部は足の引っ張り合い状態ですからね。自民党に対抗するならまず官僚改革もしなくてはいけないですね。自民党に対抗出来ても自民党と同じようにはさせてはいけません。
むしろ、矢鱈にある癒着疑惑やカルト疑惑の疑いのある議員達も排除しなくてはならないですね。
政治の場を不正の温床に進めない為にも。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年01月22日 21:39
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

経済格差が世界中に広がっている今、日本の増税は世界中の経済学者から批判されました。

日銀が国債を全部買い取ってくれるのですから
なぜ増税する必要があつたのか疑問です。
Posted by 子竜 螢。 at 2015年01月23日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。