2015年02月01日

救出方法を論議する時期にきた

後藤氏までもが殺害されて、イスラム国の暴挙は限度と
いうものを知らないようですね。

敵と味方の区別ができなくなているようで、手段を問わ
ない残虐さのために、組織から大勢の脱走者がでている
といいます。



一方で、現代のようなグローバルな時代では、世界中に
日本人が進出しておりますから、万一の場合に備えて、
救出方法を確立しておかなくてはなりません。

もちろん、警察や自衛隊の海外派遣部隊の創設もそうで
すが、民間人としても考えられることは徹底しておかな
くてはならないでしょう。



ともあれ、安部総理にとって念願の憲法改正に拍車が
かかったような状態です。

今国会で論議されるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:イスラム国
posted by 子竜 螢 at 22:26| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回この件を警察に任すべきだと言う大戯け者がいることが懸念ですね。
警察も大切ですが、自衛隊や他国の組織と連携できる事や強い情報機関を作って欲しいですね。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年02月03日 21:59
警察は主に国内犯罪にしか手が出せませんから
別の組織作りが必須です。

憲法違反とならないよう、隊員は日本国籍を一時的に返上するなど、法的な根拠作りも必要ですね。

ともかく、何かを考えなくてはならないだろうと思います。
Posted by 子竜 螢 at 2015年02月04日 16:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。