2015年02月10日

農業の改革はこれから

政府自民党が推し進めてきた農協改革が、農協側との
合意によって実現する運びとなりました。

ただし、それによる地域農業の振興にどれほど寄与す
るものかは不透明で、これからの問題です。



揺り篭から墓場まで、といわれてきた農協は、たしか
にモンスター組織です。

農業とは直接関係のない分野にも進出していますから
協同組合法の枠を超えているのではないかとの批判は
多々あったところです。

改革後は一般社団法人として位置づけられ、営利目的
がより鮮明になるのですが、個々の農家に対しての寄与
はどうなのか、まだまだ不透明な段階です。



そして、ドサクサに紛れてTPP交渉が進められたなら、
と心配する意見も出始めております。

とくに輸入食材の関税撤廃は国内農家の死活問題だけに
これまで目を光らせてきた農協の改革がどのように進め
られるのかが問題となるでしょう。

早く詳細を知りたいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 17:48| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。