2015年02月28日

年度内予算不成立

国会は相変わらず大臣の不正資金問題やら安部総理の
任命責任追及やらで、来年度の予算が年度内に成立す
る可能性はなくなりました。

これによって、新規事業の開始が遅れるのは必定で、
経済的なマイナス面には莫大なものが生じます。



昔から、衆議院の予算委員会というものは、その名の
ように予算を審議する場ではなくなっています。

予算を審議するよりも、政治資金の不正やその他のこ
との論議のほうが長いくらいです。

政治倫理委員会といったものを常設すればいいのですが
委員会を増やしますと弱小政党は委員が出せなくて困り
ますから、どうしても予算委員会になってしまうので
しょうね。



国会の開催は一日あたり一億円の費用がかかるといわれ
ておりますが、与党も野党も税金の無駄遣いにならない
ようお願いしたいですね。

総理のヤジも問題になりましたが、議事進行の妨げにな
るほどのヤジは、孫に誇れるものかどうか考えていただ
きたいものです。



明日からは早くも三月です。

春らしさが感じられるようになってきましたが、春闘で
本当に賃上げになるのか否か、ヤジを飛ばしている場合
ではありますまい。

もしも賃上げが物価上昇に追いつかなければ、アベノミクス
は失敗に終わります。消費増税と同時にやった失敗がカバー
できないでしょう。

ともあれ、国会は正念場を迎えました。自公の独占では
ありますが、そう簡単でもないようです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:新年度予算
posted by 子竜 螢 at 12:07| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。