2015年03月11日

四年目の春

早くも四年が過ぎたのですね。

でも、あのときのことは今でも鮮明に覚えています。
ニュース映像で見た津波には、戦慄を覚えました。

当時、それでも3年もあれば復興できるのではないか
と予想していたのですが、まだ10万人以上が避難生活
を続けられているとのことです。



なぜ復興が遅れているのかといえば、やはり原発から
の放射性物質が原因でしょう。

漁業と農業は思うように復活できず、居住に適さない
高濃度の地域もかなりあります。

そして、原発そのものの廃炉作業も、遅いと感じてし
まいます。重大な事故が発生した場合の対応が、まっ
たく想定されていなかったのではないでしょうか。



福島県に住んでいる知人に聞きますと、今でも海が
怖いといいます。

でも、全国的にみますと、海の見える家は高値なの
だとか。ハワイのホテルでもそうですね。

このままトラウマになってほしくはありません。



これから東京オリンピックのために土木重機などが
不足するかもしれません。作業員も福島より東京へ
集中する恐れがあります。

でも、近いうちには絶対に復興できる。

そう信じています。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 20:16| Comment(2) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの時の無力感は忘れられないですね。
どうやって原子炉を取り除く事が出来るかよりも漏れている汚染水の対応に追われ過ぎですかね。
もう1つの問題が遺骨等の問題も有りますね。まだ海の底や海岸付近等にまだ行方不明のまま帰らぬ人達が待っているのかも知れないのですからそれが精神的にも負荷を与えているのかもしれません。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年03月12日 15:49
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

津波もさることながら、原発の問題で復興が遅れているように思えます。

何か画期的な妙案はないものですかね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年03月13日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。