2015年03月24日

プーチン氏の核兵器準備命令

クリミアとウクライナをめぐる問題で、ロシアの
プーチン大統領が核兵器を準備させていたことが
講評されて、問題となっております。

抑止力としての意味合いが強いはずの核兵器を、
いつでも使用できるようにせよというのは、時代
に逆行した命令と言わざるを得ません。



かつて、冷戦時代に米ソが軍拡競争をし、核兵器の
保有数が人類全体を7000回殺しても余るほどにまで
エスカレートしました。

その結果、財政基盤のもろかったソビエトが崩壊し
て、連邦制ではなくなりましたが、今はその頃と
非常に似ています。

西側諸国によるロシアへの経済制裁は続いており、
EU諸国もまたロシアへの反発を強めています。



しかし、過去の教訓から学ぼうとしないのか、核兵器
の準備命令など出したプーチン大統領はさらに国際
社会から追い込まれることでしょう。

中国を振り切ってロシアとの関係を深めようとしてい
た北朝鮮も、困惑しているに違いありません。

日本は唯一の核兵器被害国として、看過すべきではあ
りませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:13| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プーチン大統領の考えがイマイチ掴めませんが、戦争をちらつかせる程もしくは状況悪化の兆しが出ているのかもしれません。何より国軍の弱体化も問題らしいですね。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年03月25日 21:01
G.FUJINUMAさん、いつもコメントありがとうございます。

世界中から経済制裁を受けている今、大規模な軍事行動をしたならロシアは確実に破綻するでしょうね。

だから費用が安くて済む核兵器なのでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2015年03月26日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。