2015年03月27日

ついに空母が就役

海上自衛隊に本格空母が登場しましたね。「いずも」
と命名されたヘリ搭載艦ですが、大きさや概観からし
ても本格的な空母です。

幅が38メートル、全長248メートルですので、全長
だけが大和型戦艦より15メートルだけ短いのです。



いまのところはオスプレイと戦闘ヘリのみの運用ら
しいのですが、「いずも」型はもう一隻建造中でし
て、二隻が揃ったときにはF35戦闘機の運用仕様へ
変更されるのは間違いありません。

戦時中に大和型戦艦の3番艦から空母へと変更され
た信濃以来の空母です。

2番艦の武蔵が発見されたタイミングで就役を迎え
るのも、なにかの縁でしょう。



これで中国で建造中の空母が就役したとしても、怖
くはありませんね。

実際に空母を運用して戦った経験があるのは日米英
だけですので、負けはしません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:いずも
posted by 子竜 螢 at 12:48| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
間近ではありませんが、見てきました。横からは圧巻でしたね。
ドンガラオカラの中国空母とは全く違います。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年03月28日 12:35
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

直接見てこられたのですね。凄いです。

何年もかかってまだ完成しない中国の空母は、完成したと同時に時代遅れでしょう。

まあ、それが本当の国力の差ってものですね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年03月28日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。