2015年04月18日

景気の現状

都市部のことはわかりませんが、地方に住んでおりますと
政府が言うような景気浮揚感などまったく感じられません。

繁華街の飲食店には空き家が目立ってきましたし、そもそも
平日などは歩いている人の姿さえも見かけないのです。



商店街はまるでシャッター通りですし、自治体が家賃補助
を打ち出しても、営業してくれるのはその期間だけです。

本当に景気が回復基調にあるなら、なぜこのような実態な
のでしょうか。



言うまでもなく、景気の急激な落ち込みは昨年の消費増税
からでした。それまで賑わっていた繁華街に閑古鳥の群れ
が。。。

おまけに、マクロ物価スライドによって年金額が減らされ
た上に、円安による食材価格の値上がりなど、もしも原油
価格が下がっていなければ大変なことになっていたでしょう。



なのに、政府の今年度予算は相変わらずの緊縮型で、景気
対策費は増えておりません。

また、労働者の給与も、上がったのは大手企業だけで、真
に日本の経済を支えている中小の企業は、賃上げしたくて
もできない状態です。



先日の記事で、たとえ時給が1000円になったとしても、生活
するのは容易じやないとお伝えいたしました。

生活できるレベルというのは時給1500円で、月給にしますと
24万円ほどです。

もちろん、税金や社会保障費などの分も含まれていますので、
これでもギリギリといった感じでしょう。

政治家さんたちには、この問題に対して真剣に取り組んでいた
だきたいと願います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:景気動向
posted by 子竜 螢 at 16:08| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。