2015年04月30日

働き蜂の法則

働き蜂の法則ってご存知でしょうか。

人間が組織として集まっているとき、一定の割合で働き
具合に差が生じるという現象のことです。



たとえば、ある会社で営業成績のトップクラスを全国か
ら100名集めて、新しい売り込み戦略を展開したとしま
しょう。

すると、25人は真剣に動きますが、50人は要領を出して
適度に怠けます。残りの25人は他人依存に陥って働かな
くなってしまうのです。

こう解説しますと、ああこの話だなってわかる人も多い
ことでしょう。

これは働き蜂で実験されたことから働き蜂の法則と呼ばれ
ることになったのですが、人間にも当てはまるのですね。



ところが、この実験には追加の実験もありまして、各巣か
らダメな蜂ばかり100匹集めてみますと、なんと懸命に働
く蜂が25匹出現して、50匹もそこそこ働くようになった
というのです。

なぜこんな現象が起きるのかといえば、人間の場合にでも
心理が大きく影響しています。

優秀な者ばかりの集団に放り込まれますと息が抜けなくな
りますよね。そこで、ずっとこのまま居るのが無理だと
悟って脱落する人が25人。要領をだして適度にサボればな
んとかなると考える人が半数の50人。期待されていると
感じて今まで同様に頑張る人が25人というわけです。

追加の実験では、ダメ人間だと自他ともに自覚をしていて
も、周り全員がそうであると、トップになれそうだと自信
を持つのが25人。ちょっとは頑張ってみようかと思うのが
50人。残りの25人は完全に諦めたままなのです。



このように、ご自分がある程度社会から評価されたいと
願うならば、所属している会社の人間環境を観察してみる
といいでしょう。

どんなにダメだと思い込んでいる人でも、そんな人ばかり
の会社なら、楽に出世できますからね。一流企業で働くば
かりがいいのではありません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:働き蜂の法則
posted by 子竜 螢 at 23:04| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。