2015年06月17日

FIFAの会長選挙にあの人が

サッカー日本代表のシンガポール戦が昨日行なわれま
したが、見ていた人はイライラさせられたのではない
でしょうか。

シンガポールのゴールキーパーがすばらしかったです
ね。まさに神がかりなファインセーブの連続で、日本
は何点も損をした感じでした。



しかし、買収疑惑によるプラッター会長の辞任を受け
て、FIFAの新会長選挙では、もっとイライラさせられ
る事態となりそうです。

なんと、韓国の鄭夢準氏が立候補するというのです。



鄭氏は2002年のワールドカップで、元々日本の単独
開催だったものを日韓の共同開催へとゴリ押しさせた
人物です。

当時、買収に成功したと得意げに言っていたことがあり
ましたからね。

しかも、イタリア戦での韓国は、あきらかに審判の不正
によって勝利しています。まさに疑惑の人なのです。



買収などの不正疑惑による役員が逮捕された組織の選挙
に、この人の立候補だけは考えられませんね。

それとも、自らの不正を明らかにするための立候補なの
でしょうか。とにかく、本当に立候補したならサッカー
ファンを馬鹿にした話です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:FIFA
posted by 子竜 螢 at 08:03| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。