2015年06月20日

ギリシアのデフォルト

ギリシアでは今、銀行預金が次々と引き出されて取り付け
騒ぎの一歩手前だという。

原因は国が発行した国債がデフォルトする可能性があるか
らで、現に、IMFの支援にもなすすべがなく、お手上げ状
態だからです。



ユーロ圏からの離脱も囁かれておりまして、ユーロをもっ
とも支えているドイツは、ギリシアの離脱をやむをえない
ものと捉えているようです。

万一ギリシアが国債の償還ができないデフォルトに陥りま
すと、日本の経済にとっても大きなダメージとなります。

直接に買い入れたギリシア国債はもちろんのこと、ドル高
に加えてユーロ高も招きますので、欧州産のものまでが高
騰するでしょう。

そういう自然ではないインフレによって苦しむのは国民で
すから、由々しき問題なのです。



以前にギリシアを救う方法はただひとつとお伝えしました。

オリンピック開催国は、ギリシアから開催権を購入するの
です。IOCが開催国を決めるのではなく、入札制度にする。

あるいは、ギリシア以外での開催を行なわず、各国が設備
の維持費などを負担する。

こうして、観光立国のギリシアは潤ってゆくでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ギリシア
posted by 子竜 螢 at 08:30| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。