2015年06月29日

デフォルトが確定

ギリシアが発行していた国債が、6月30日の期限に
償還できないことが確定しました。

EUの会議で、ギリシアの返済計画案が各国に拒否さ
れた上、7月6日の国民投票でEUの提案を受け入れる
かどうかを今になって問うことになったからです。



現在、ギリシア国内のすべての銀行が閉店している
のですが、預金者が降ろそうと殺到するのが目に見
えていますので仕方がないのかもしれません。

しかし、異常事態には違いなく、どういう形で決着
するのでしょうか。



影響は日本にも出ておりまして、日経平均株価がな
んと600円も下落しました。

世界同時株安という恐慌に陥る懸念すら囁かれてお
りますので、対岸の火事では済まされないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ギリシア
posted by 子竜 螢 at 18:40| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何というか、凄まじい状況です。かつての歴史ある強国も堕ちるに堕ちたとしか言い様がありません。
現地ではクレジットカードが使えず、旅行客にも多大な悪影響を与えていますし、ギリシャ国債を持つ国は大変かと思います。
ただ、土地を安買い切り売りして乗っ取りを起こされるのが心配ですね。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年06月30日 22:04
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

すでにその心配は起きているようですね。中国人が土地を買いあさっているようです。

日本でも、外国人の土地所有を禁止しませんと
実質的な植民地になりかねませんよね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年07月01日 10:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。