2015年07月06日

ノーの選択でどうなるのか

ギリシアの国民投票で、EU側が示した財政再建案に国民
がノーという意思を投じました。

国民にとってはかなりの苦しい生活を強いられるため、
予想されていたことではありますが、それでもEUからの
支援を受け続けられるとは考えにくいため、20日が期限
の債務返済がデフォルトするのは確実でしょう。



日本も似たような財政収支でありますが、ギリシアと違
う点は、国の負債が国民の資産であることです。

他国から借金しているギリシアと日本とでは、基盤がそ
もそも違いますからね。ギリシアの破綻をもって日本の
未来を同じに考えることはできません。

しかし、ギリシア問題が日本の経済に与える影響は、思
いの他大きなことがわかりました。

先日も、株価が600円も下がりましたし、今回の国民投
票の結果でも、円が2円近くも値上がりしております。

無関係ではないということです。



最近、ギリシアの首相はロシアとの関係強化に動いてい
ますね。EU側の支援が途絶えたならどうなることやら。
地中海にロシアの軍港ができますと、勢力図が塗り替え
られてしまいます。

ギリシア問題に対するアメリカのコメントがほとんどな
いのも不気味ではあります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ギリシア
posted by 子竜 螢 at 10:14| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユーロ圏内は大荒れしてしまいますね。少なくとも、ロシア等にギリシャを奪われたくは無いでしょうからユーロ圏は困ってそうですね。
ドイツが面立ちの国ですから、まず打撃は免れないでしょう。
一方でお隣の国々がより一層困る結果にもなりそうです。
少なくともユーロ圏全体の打撃余波が日本に来るでしょうから、それに対する対策をどうするかですかね。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年07月06日 22:17
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

増税になったり年金額が減らされるのは嫌でしょうから、ギリシア国民は当然ノーを選択したのでしょう。

ならば、独自の再建案を提示してもらう必要があるわけですが、それも無理でしょう。

残る道は、債務の据え置きか帳消ししかありませんね。でも、一例を作ってしまうことの危険性もありますから難しいところなのでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2015年07月07日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。