2015年07月20日

2億人が自殺する日

上海株の暴落開始からひと月が過ぎました。

その間、中国全土で株の損失による自殺者のニュースが
報じられるようになり、たわーマンションから飛び降り
る跳楼なる新語までが生まれました。



上海株のユーザーの8割までが中国国内の個人投資家で
した。日本の株式市場とは正反対の構造です。

しかも、2年前から実投資額の10倍まで取引ができるの
が個人にも許可されていたため、株価はまさにバブル
だったわけです。

しかし、暴落が起きました。

およそ2億人が1000万円平均の損失を被り、そのほとん
どが10倍取引でしたから、一日にして財産をすべて失っ
た上にまだ足りず、多額の借金を抱えてしまいました。

その原因は、なんと習近平国家主席なのです。



いいえ、習主席が直接どうのこうのというのではなく、
なぜか習主席がらみの行事がある日に株価暴落があっ
たのです。

今回は6回目でして、習主席の誕生日にあたる6月15日
から暴落は始まりました。

過去の5回はそれほどの下落幅ではありませんでしたが
習氏が全人代で胡氏の後継に指名されたときも含めて
必ず暴落していたのです。

なぜなら、習氏の経済音痴は側近たちの間で有名だった
らしく、今回の戦犯を探れば側近たちばかりがイモ蔓で
しょうね。



13億人の人口のうち、2億人が破綻しました。家族も含
めますと、全人口の半数になります。

もはや消せる炎ではありません。軍備の拡張や戦争どこ
ろでもありません。

おそらく、年内にはこれまでにない大規模な暴動が発生
して、共産党の一党独裁に終焉が訪れるかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:上海株
posted by 子竜 螢 at 11:55| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
共産党の足の引っ張り合いの可能性も考えられますね。派閥争いは酷いですし、インフラ後先考えず、そもそも中国本土から逃げ出す人々の持ち逃げ金も日本の国家予算規模ですから、破綻は目に見えていましたね。
しかも大陸には汚染レベルは極悪クラスですので、共産党が無くなった後も問題は山積みです。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年07月20日 19:27
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

中国には共産党のほかに5つの党が存在しますが、一党独裁といわれないための名目的に残してあるだけです。無意味ですが。

共産党以外に政権を担当できる政党がないのも事実ですので、これからかなり混乱するでしょう。

先はまったく見えません。
Posted by 子竜 螢 at 2015年07月21日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。