2015年07月24日

不適切会計という不適切表現

東芝の粉飾決算が露呈した問題で、株価の下落による
損失賠償訴訟が世界各地で始まったようです。

マスコミ各社はなぜか不適切会計という表現を用いて
いますが、それこそ不適切ではないかと思う次第です。



監査法人も見逃してしまったとされている粉飾決算は、
そもそも東京証券取引所の上場基準を満たすためかと
思われますが、2年前に制度が変更されて、ただちに
上場廃止とはならなようです。

とはいえ、改善起源の一年間でどうにかなりそうな話
ではありません。

しかも、ホリエモンどころの規模じゃない犯罪ですの
で、検察も動かざるを得ず、景気に悪影響をもたらす
懸念があります。



おそらく、捜査の焦点は監査法人もグルだったのかど
うかに絞られるでしょう。

それにしても、世界に冠たる企業の不祥事に、隣国の
ことを言えなくなってしまいました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:東芝
posted by 子竜 螢 at 12:05| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。