2015年08月16日

失敗に学ぶ

本当は6月末で今年の半分が過ぎたのですが、お盆休暇で
半分と感じる人が多いようですね。

そして、お盆の中間意識を機に、後半の頑張りを誓うのは
墓参のせいでもあるのでしょう。



しかし、書店にあふれている自己啓発の書籍といえば、成功
者から学ぶものがほとんどで、経営に失敗した元社長から学
ぶ内容のものは稀少です。

が、本当に成功したいなら、失敗例から学ぶべきだと考えます。



その理由は、

成功した人には、多分に運や風向きが左右しており、同じこと
を模倣しても同じ結果を得ることが困難な点です。

運も実力のうちとは言いますが、同じ業者で起業しても、刻々
と変化する社会情勢まで同じではありませんから、真似するこ
とは危険なのです。

むしろ、失敗した例の反対をやってみるほうが価値があるとは
思いませんか。



実質的な経営を従業員に任せてゴルフ三昧の末に倒産した会社
から学ぶのであれば、ゴルフなどしないで経営の陣頭指揮をす
るだけでいいのです。

過剰な在庫で首が回らなくなった会社を手本にするなら、在庫
の必要のない業者へ転換するか、受注生産や受注販売に切り替
えとゆく必要があるでしょう。

幸いにも、成功した例よりも失敗例のほうがはるかに多いので
お手本がなくて困ることはないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:自己啓発
posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。