2015年09月04日

中国の抗日パレードの結果

中国の抗日戦勝70周年軍事パレードを見ておりましたが、
かつての北朝鮮の軍事パレードを見ているような感覚に
なりました。

というのも、参列した各国首脳で目玉となったのはロシア
のプーチン大統領と韓国の朴大統領だけ。

他はいずれも新興国家であり、一緒に戦ったはずの欧米
諸国からは誰一人参加しませんでした。



習近平国家主席は、どうやら大きな間違いを犯してしまっ
たようですね。

式典だけにするならともかく、海洋進出問題で各国とモメ
ている段階で軍事パレードなどしてはいけなかったように
思います。

一党独裁による軍事大国化とは、まさしくファシズムその
ものではないでしょうか。ファシズム打倒の戦いに勝利し
たとの名目は、どこへ行ってしまったのでしょうかね。



そして、おまけに参列した韓国人の国連事務総長です。

国連の中立性を乱すばかりではなく、席次も五番目という
扱いには不満そうでしたから、ピエロのような存在に見え
てしまいました。

この式典で中国は何を手に入れたのでしょうか。

マイナス面ばかりに働いたと感じるのですがね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 21:47| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。