2015年09月08日

野田氏が出馬を断念

自民党の総裁選で、野田聖子氏が出馬を断念する会見
を開きました。

これによって安部総理の続投が決定したわけですが、
安保法案をめぐっては、自民党内も一枚岩ではないこ
とが浮き彫りにされました。



党内の規約として、総裁選に立候補できるのは国会議
員20名の推薦がなくてはならない。

野田氏は20名を集められなかったのですが、古賀元幹
事長や山崎拓氏などの長老たちが推薦人に名を連ねて
おりました。

両氏はともに安保法案には反対しており、別段反対で
もなかった野田氏にとっては逆風の材料となってしまっ
たのかもしれません。



ともあれ、安部総理の無投票続投が決定したわけてして
これから安保法案の審議可決が加速することでしょう。

会期末まであとわずかな国会が、さらに熱くなりそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:自民党総裁選
posted by 子竜 螢 at 21:12| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これから諸外国で何が起こるかが分からないですから、早めの安保法案をなんとかして欲しいですね。
ただ、マイナンバー自体はともかく、消費税10%は止めて廃止にして欲しいです。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年09月09日 21:06
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

10パーセントになるのは再来年の4月からですが、その頃には中国の経済がはっきりと凋落して、消費増税を行なう環境にはないと思われます。

消費税廃止を叫ぶ党が出てきてもおかしくはないでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2015年09月09日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。