2015年09月17日

デモが民主主義だなんて

国会議事堂や首相官邸の前でデモを行なう人々への賞賛
記事がありましたね。

デモそのものを否定するつもりはありませんが、これぞ
民主主義、と謳っているのは間違いだろうと思います。



民主主義ではなくて、言論の自由でしょう。

いや、

デモを、デモクラシーの略だと勘違いしているのかもし
れませんね。

デモとは、デモンストレーションの略なのです。



そもそも、本当の民主主義は、間違った政策を行なった
政治家と政党を次の選挙で落とすことでしょう。

デモのような示威運動は、なにやら途上国の暴動のよう
な前時代的な行為に見えてしまいます。

これは安保法案に賛成か否かとは別問題ですよ。デモ
というものに対するあくまでも一般論です。



話を安保法案のデモに戻しますと、

戦争法案だの徴兵制度だのとデモしている人たちの理解
力に疑問を感じます。

安保法案って、ただ現状に合わせようとしているだけ。

憲法も自衛隊法も、ずっと昔に制定されたものなので、
集団的自衛権の問題はさほど重要視されていなかった
から、やっと今になって法案として出されただけです。

つまり、現状以上の徴兵制殿復活とか、先制攻撃をでき
るようにするなどといった話ではありません。



とはいえ、憲法を改正しないままの法案には反対ですね。

時々の政権ごとに憲法解釈が変わるようではいけません。

デモをするなら、戦争法案だとか徴兵制度だとか安部総理
が述べてもいないことを叫ぶよりも、憲法解釈を変えるな、
ではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:安保法案
posted by 子竜 螢 at 09:44| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。