2015年09月22日

8割の人が反対なわけではない

先日可決された安全保障法案ですが、各紙の世論調査
で8割の人が説明不足や審議不充分と感じているという。

まあ、そうなのでしょうね。大半の人は法案に自分で
目を通すようなことはせずに、新聞の見出しなどで判
断しますから、マスコミの誘導に騙されるわけです。

法案に書いてない徴兵制度や戦争可能になるなどの文言
が独り歩きをしておりました。



いかにも8割の人が反対しているように書いていますが
反対しているわけではないでしょう。説明不足と審議の
不足を感じているだけなのです。

法案への賛否を問うアンケートじゃありませんからね。



で、賛否を問うアンケートですと、半分強の人がたしか
に反対しています。

しかし、法案の中身そまものにではなくて、憲法を改正
しないままの法案審議に反対している人を除けば、半分
以下となるでしょう。

集団的自衛権は国連でも認められている各国の権利です
し、今まで行使できない国は日本とコスタリカのみ。

それでも大多数の国は戦争などとは無縁です。



また、国会では自公の数が圧倒的なのですから、法案は
どんなに反対しても可決します。

それが民主主義だからです。

日本の将来を決定するのはデモでもマスコミの誘導記事
でもなく、国民一人ひとりが自分の目でマニフェストを
精査した上で投票するしかありません。

今回の法案に反対した人が自公に投票していたのなら、
政治家を責めるよりもご自身の反省が先でしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:安全保障法案
posted by 子竜 螢 at 21:19| Comment(7) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この間のテレ朝の報道ステーションやTBSも反対派ばかりの偏向報道でしたね。ただ、テレ朝の方は高須クリニックのスポンサー脱発言のせいであからさまに報道を変えました。そろそろメディアに対してのダメージがどんどん広がって行く気がします。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年09月22日 22:05
 ももちゃんから、とんでもない話が掲載されていると聞き、久し振りにお邪魔しました。  あの……「新聞の見出しだけで判断している」というのは、大変失礼な邪推だと思いますよ。
 また、沖縄に点在する基地の7割が米軍海兵隊の施設ですよね。どうして沖縄にこれだけの軍備が必要なのでしょうか? おそらくアメリカにとっては、日本を守るのが目的ではなく、北東アジアにおける拠点を確保したいのではありませんか?
 ではどうすれば良いのかと考えを巡らせますと、例えばEUやASEANのように、北東アジア諸国連合のようなものを結成してみては如何でしょう?
 もちろん、結束にはそれなりの時間を要しますでしょうし、日米安保条約の破棄(10条の規定により、日米双方、どちらからでも唾棄^0^;することが可能)も必須要件かと思われます。
 ただ、日米安保条約以外にも、北東アジア連合を結成するうえでの阻害要因要因はありますよね。歴史認識の問題です。
 そこで、例えば日本を、中国領日本自治区にしてみてはいかがでしょうか。日本が中国になるのですから、過去の戦争責任も問われなくなるでしょうし、北東アジア諸国連合も現実的になってくるでしょうから、一石二鳥! 最良の選択だと思います。














Posted by SAYOKO & もも at 2015年09月23日 23:37
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

報道はありのままを伝えるのが使命ですよね。

偏向報道はそれだけで罪深いものです。
Posted by 子竜 螢 at 2015年09月24日 10:16
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

報道とはありのままを伝えるものであって、意見を述べる媒体ではありませんよね。

そのうちにまともなスポンサーがいなくなりますよ。

Posted by 子竜 螢 at 2015年09月24日 10:22
SAYOKOさんへ。

法案の全文を読んだのか、と問うているのですよ。読まないで法案を批判している人に、新聞の見出しだけで判断するなと言っているのですが、あなたのことを言っているわけではありません。

でも、日本を中国の自治区にするという案を本気で考えておられるなら、今すぐに中国へ渡り
帰化申請されてはいかがでしょうか。

以前にも申し上げましたが、

当ブログに反対ならば、訪問しないでくださいね。ご自分のブログに自説を書かれればいいかと思います。

今後、コメントの書き込みもご遠慮願います。
Posted by 子竜 螢 at 2015年09月24日 10:36
私は賛成と言う立場なので気にしてませんが
この法案が成立したからとすぐに戦争にならないですし、今回の議会で反対派が暴力を行使して反対した以上、これは必須なのだと思いますね。
平和主義といっている者はし尿で着ないと言うことを証明してくれてますからね。
成立した翌日の新聞を見ると分かりますが、読売産経はトップに議場を写してましたが、朝日は反対派の暴動をトップに持って行ってました。
朝日新聞は失礼ながら民主主義政治と言うもの、ひいては選挙と言うものを知らないものが編集してると言う感じですね。
その翌日に、共産党のデモカーが近所で騒音を鳴らして走ってましたし、近く国道ではカンペを読みながら、共産党議員んの街宣活動がありました。
秩序を無視し照るのはどっちなのかが明確にわぁり出来事でしたね。

Posted by König at 2015年09月25日 03:54
Königさん、ありがとうございます。

法案の成立後、中韓の反応からしても、この法律が効果的なのだとわかります。

反対色が強いほど抑止力が働くってことです。

でも、改憲しないままでの解釈変更には反対ですね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年09月25日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。