2015年09月23日

ロシアの気になる動き

いつの間にやら、ロシア空軍がシリア国内の空港に集結
していたようで、名目こそアサド政権の軍事顧問団など
と称しています。

しかし、配備された航空兵力は一個旅団に相当するもの
で、周辺に展開しているNATO軍との衝突が懸念され
ております。



アメリカを中心とした多国籍軍は、シリア内戦はもちろん
視野に入れつつISに対する空爆を行なっています。

大勢の難民が行き先を求めている一方で、ロシア軍は中東
の一角に地盤を築こうとしているわけです。

ロシア空軍の攻撃目標は、表向きにはISとしているよう
ですが、本当のところはシリアの反政府勢力ではないかと
思われます。



少しややこしいのですが、アサド政権に反発している反政
府勢力はISとも戦っておりまして、アメリカなどの多国
籍軍のISへの空爆が反政府勢力への支援になっているの
です。

つまり、ロシア軍と多国籍軍は、間接的に敵同士となり、
いつかは軍事衝突に発展するかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:イスラム国
posted by 子竜 螢 at 23:51| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、ロシアの動きが何かと色々ありますね。日露平和条約に向けた動きならいいですが、外相の日本を馬鹿にする発言やらと色々ありますが、やはり経済的に苦しくなって要るのでしょうか。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年09月24日 07:35
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

ウクライナ問題で、振り上げた拳の落としどころに困っているのでしょう。

かつてはソ連としての同胞だったという安易な気持ちが、国際的に通用しないと知って慌てて
いるのでしょうね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年09月24日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。