2015年09月25日

共産党の国民連合政府提案

安保法案の可決を受けてか、共産党の志位委員長が国民
連合政府なるものを提案しました。

野党の中にあって常に単独で活動していた共産党として
は珍しい提案なのですが、他の野党の反応は今ひとつと
いった感じですね。



昨年末の衆議院選挙でいいますと、自民党の得票よりも
野党の得票のほうが多かった。

しかし、小選挙区制のため、自民党の議席のほうが圧倒
的に多くなり、たしかに民意が反映されていない状態と
いえるかもしれません。

そこで共産党が提唱したのが、野党すべてが団結しての
選挙対策というわけです。



この提案には、別の側面が考えられて、なかなか面白い
と思うのです。

なぜなら、民主党の左派などが共産党へ流れて、右派が
他の野党と結束することにでもなれば、政権交代可能な
野党として生まれ変われるからです。

一度連合政府なるものにまとまって、右派だけが抜けて
新党を立ち上げますと可能となります。

この新党にはかなりの支持者が集まるでしょうね。



とはいえ、橋下氏あたりの提唱ならともかく、共産党の
提唱では最初の一歩が踏み出せないかもしれません。

かつての民主党政権のように雑多な考えが集まるのでは
国民の期待も薄いでしょう。

提唱はただのパフォーマンスじゃないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:国民連合政府
posted by 子竜 螢 at 20:30| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。