2015年09月30日

日本人二人がスパイ容疑

中国のスパイ活動防止法に触れたとして、日本人二人
が5月に身柄を拘束されていたことが判明しました。

菅官房長官も記者会見で認めましたが、ほとんどの質
問に明確な回答はありませんでした。



二人の日本人とは民間人なのか、それとも政府関係の
者なのか、菅官房長官は素性を濁しましたね。

まさか本当にスパイを送り込んだとは思いませんが、
なにやら訝しさが漂う話です。

一人は軍事施設の周辺で拘束されたようですが、そも
そも日本から他国へ軍事情報を目的にスパイを派遣す
るなど有り得ない話です。

なぜなら、同盟国のアメリカから情報を入手したほう
が早くて正確でしょうからね。



としますと、日本に対する威嚇の意味を込めた見せし
め拘束なのでしょう。

仮に、どちらか一人でも自衛隊員だとしても、基地の
中へ潜入したわけではありません。

あきらかに行きすぎな拘束です。

自衛隊員の中国人妻を使った中国のスパイ活動こそ、
非難されるべきでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:中国
posted by 子竜 螢 at 22:03| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。