2015年10月15日

アベノミクスの冷静な検証を

自民党の総裁として二期目に入った安倍総理が提唱していた
アベノミクスなる経済政策は実を結んでいるのでしょうか。

ここらで検証が必要かと思います。



アベノミクスに続いて女性の活躍や一億総活躍など、次々に
新たなスローガンが提示されてきました。

新アベノミクスというものまで登場しております。

その真意はともかくとして、すっかり陰に隠れてしまった
最初のアベノミクスを総括したり検証したりする時期にある
かと思います。



たしかに株式市場は活性化して株価は上がり、為替も円安に
落ち着いてはおります。

しかし、一方では消費増税などの影響で景気の先どまり感が
強く、さらなる増税時期を控えている反面、庶民の所得はほ
とんど伸びてはおりません。

アベノミクスがちゃんと機能したのかどうか、与党も野党も
検証作業をしていただきたいと思います。

その上で、修正するなり次の目標を掲げるべきであって、こ
うも次々とスローガンを打ち出されては、戸惑うばかりです。



政治は結果責任だと思います。

が、結果に対して責任を取った政治家はこれまで皆無でして、
多くは官僚が決めたことをそのまま実行しているだけですか
ら、責任を感じないのでしょうね。

すべてを政治の責任にするつもりはありませんが、検証すべき
ところはしていただきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:アベノミクス
posted by 子竜 螢 at 21:32| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少なくとも人事に関しては評価が出来ないですね。今度は問題害の河野氏が入閣しますしね。思ったより自民党並びに政治の闇が大きいです。
安倍総理は是がひとも大掃除出来るようにして欲しいですね。
後は財務省の魔窟も清掃して消費税を無くして欲しいです。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年10月15日 22:23
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

国民の所得が実質目減りしています。

焦点は次の消費増税ですが、来年夏の参議院選挙では野党は一斉に再増税の凍結を叫ぶものとみられます。

でも、消費減税や廃止を謳う政党はおそらくないのでしょうね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年10月16日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。