2015年10月18日

マイナンバーは政治家と公務員から

マイナンバー制度の個人番号がそろそろ送られてくる頃
なのですが、現時点では届いておりません。

届いたなら、本当にやるのだと実感できるでしょうけれ
ど、セキュリティが本当に万全なのかといえば、まだま
だ不安に感じます。



人間は不完全でどんなに注意をしていても、稀には失敗
を犯します。失敗しない人間なんていないのです。

マイナンバーの適用が広範囲になればなるほど、情報が
朗詠するミスは発生しやすくなります。

誰一人ミスをしないなどということは考えられません。

ならば、まずは政治家と公務員に限定して一年間ほど運
用してみるといい。

自分たちの情報が漏洩しては大変だから、さぞかし真剣
に取り組むことと思います。

それで問題が発生しなければ、はじめて民間人にも適用
すればどうでしょうか。



一気に国民全体を扱うのはリスクが大きすぎます。

予行演習も兼ねて、政治家と公務員限定にしてください。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 17:18| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も政治家や呼応無韻が先と思います。それから自営業者にも適用されるべきと思います。
とりあえず、日本人もどきにも厳しく適用されるでしょうから、うまく運用してほしいです。
Posted by G.FUJINUMA at 2015年10月20日 21:29
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

一挙に1億人以上のデータを扱って、何も問題が発生しないわけがありません。

システムの改良が必要とわかったときには、少人数ほど対処しやすいでしょう。

やってみて、もう問題はないと判断できたなら
ようやく一般国民に広げるのが妥当と思いますね。
Posted by 子竜 螢 at 2015年10月21日 14:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。