2015年10月28日

銘柄配信サギのテクニック

タイトルは忘れましたが、ずっと以前に読んだ本に
株式銘柄配信サギの方法が書かれておりました。

この手のサギに引っかからないよう、当記事を最後
までお読みくださいませ。



もしもあなたのところへ、大化けする株式銘柄を教え
ます、なんてメールが届いたとしましょう。

お金を増やすことに関心のない人はあまりいませんか
ら、つい、気になって開いてしまうかもしれませんよね。

そして、そこに書かれている銘柄がなんとなく記憶に
残ります。



実際に、書かれていた銘柄が本当に上がり、それが何回
も的中したなら、あなたは有料でも次の情報を欲しがる
でしょう。

もうサギの術中にはまっているわけです。



サギのやり方ですが、

裏ルートから購入したメールアドレスを半分に分けて、
何の銘柄でもいいから、一方は値上がりを予想し、も
う一方は値下がりを予想した配信をします。

これで、半分は必ず当たりますよね。

次に、

当たったほうだけを対象に、同じことを繰り返します。
銘柄は同じでも別でもかまいません。

配信ごとに対象のアドレスは半分になります。三回目の
配信では最初の四分の一になる計算です。



しかし、受け取った人は、三回連続で値動きを当てた
発信者が特別な分析方法や情報を持っていると勘違い
します。

一回や二回ならマグレかもしれませんが、三回、しかも
連続というところに興味を持ってしまうのです。

仮に、アドレスのリストが800あるとしますと、三回目
の配信で当たりのメールが届く人は100人になります。

100人全部が年額10万円の有料配信を希望してくれれば
1000万円の売り上げになるのです。



中には二回目の配信で有料会員になる人だっているで
しょうし、本当に大化けして感謝の手紙が届いたりしま
すと、それを見た人を有料配信会員に呼び込むのには、
さほど難しくはないでしょう。

アドレス数がもっと多ければ、何億円の儲けになるかも
しれませんね。



サギの中身はこんなものです。

有料配信後に当たらなくなったなら、投資はあくまでも
自己責任と逃げることもできます。

サギには充分注意してくださいませ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:銘柄配信サギ
posted by 子竜 螢 at 13:44| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。